鳥取県・韓国江原道障がい者スポーツ国際交流事業

11月16日~18日まで「鳥取県・韓国江原道障がい者スポーツ国際交流事業」を
実施しました。2013年から始まった本事業も6回目となり、県FIDバスケット
ボール連盟から男子チームを編成し、総勢11名の交流団で韓国江原道を訪問しました。

今年はスポーツ交流だけでなく、念願であった両国間の事業協定締結という
大きな目標があり、期間中に「鳥取県・韓国江原道障がい者スポーツ交流事業協定書」
を締結いたしました。このことは、鳥取県・江原道双方の合意の基に実行されている事業で
あることが客観的にも証明され、日本でも数少ない地方における障がい者スポーツの分野に
おける国際交流を推進しているという点で、大きな意義を持つ出来事でした。

親善試合においては、韓国3位の実力を持つ江原道チームに惜しくも敗れはしましたが、
一時はリードを奪い、また江原道障がい者バスケットボール協会の役員の方からも
ドリブル・パス等のスキルが高いレベルにある、との評価をいただき、本県チームの
強化の成果を確認する良い機会となりました。

また役員・選手による交流の場面が多くみられ、今後の事業発展を期待させる
3日間でした。来年は鳥取県へお迎えする番でありますが、今回の事業協定締結を
きっかけに、両国の障がい者スポーツの分野での交流をさらに活性化していきたいものです。





トップページ 協会概要 大会情報 スポーツ教室 加盟団体紹介 お問合せ リンクページ サイトマップ