西部スポーツ教室参加者募集

 1月~3月の週末(全10回)にスポーツ教室を開催します。
 障がいの有無に関係なくどなたでも楽しめるスポーツ教室となっていますので、みなさまお誘い合わせの上、ご参加ください。

主催:一般社団法人鳥取県障がい者スポーツ協会

日時:1/18(土)、1/25(土)
   2/1(土)、2/8(土)、2/15(土)、2/22(土)
   2/29(土)、3/7(土)、3/14(土)、3/21(土)
   9:30~11:30

内容:ボッチャ・カローリング・卓球バレー・スカットボール・羽根っこゲーム
   パットゲームスター・卓球 等

場所:米子サン・アビリティーズ(米子市皆生3丁目16-20)

対象:障がいの有・無に関係なく、一緒に体を動かすことを楽しみたい方

申込:所定の用紙に記入していただき電話、FAX、E-mailでお伝え下さい
   (ダウンロードしてください)

定員:30名程度

参加費:無料(スポーツ安全保険の加入は任意とする)

問い合わせ先:一般社団法人鳥取県障がい者スポーツ協会
電    話 0857-50-1071
F  A  X 0857-50-1074
E-mail torikenshospo@ts-sawayaka.jp

詳しくはこちらをご覧下さい(案内等が印刷できます)

令和元年度西部スポーツ教室1月2月3月

スポーツ教室参加申込書

 鳥取県障がい者スポーツ指導者スキルアップ講習会について

令和元年度鳥取県障がい者スポーツ指導者スキルアップ講習会を下記のとおり開催します。

日時   令和2年2月8日(土) 
         受付12:40~  講習会13:00~17:45
場所 鳥取県立米子産業体育館 (鳥取県米子市東福原8-27-1)
講師 汐田 まどか 氏(鳥取県立総合療育センター 院長)
         加地 信幸  氏(広島文化学園大学)
対象 (1)(公財)日本障がい者スポーツ協会公認指導者資格保持者
   (2)障がい者スポーツに関心があり今後スポーツ活動に関わっていく者
定員 50名(応募多数の場合は抽選)
申込方法 別紙の申込用紙に必要事項を記入の上、郵便、FAX、メールのいずれかにて 申し込みをお願いします。
募集期間 令和元年12月25日( 水 ) ~ 令和2年1月20日( 月 ) 必着
※受講決定については、令和2年1月27日(月)までに通知する

申込み・問い合わせ先
一般社団法人鳥取県障がい者スポーツ協会 (担当:景山)
〒680-8570 鳥取県鳥取市東町1丁目220 鳥取県庁議会棟別館1階
電話(0857)50-1071  FAX(0857-50-1074)
E-mail torikensyospo@ts-sawayaka.jp

 みんなで踊ろう! ダンス教室を開催します!

第10-12回布勢障がい者スポーツ教室のお知らせ

 拠点設置予定地である布勢総合運動公園を活用したスポーツ教室の一環で、ダンス教室を下記の通り開催します。今回は鳥取ダンススタジオエルンフォ インストラクターのnao氏にもご協力いただき、「リズムに合わせて体を動かす」を目標にダンスを楽しみます。障がいの有無に関わらず、多くの方が参加できる機会となっております。
 また、UDタクシーモデル運行による移動手段の検証も併せて行っており、移動手段のない方もご参加いただけます。
 奮ってご参加いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

1.実施日時
  第1回 令和2年1月24日(金)   17時~18時半
  第2回 令和2年2月24日(月祝) 14時~15時半
  第3回 令和2年3月1日(日)    10時半~12時
  ※1回のみの参加でも可能です
2.実施場所
  コカ・コーラボトラーズジャパンスポーツパーク 鳥取県民体育館サブアリーナ
  (鳥取市布勢146-1)
3.内容
  リズムに合わせてジャンプ!
  音楽に合わせて体を動かしてみよう!
4.利用料金
  スポーツ教室参加費:無料
  UDタクシー料金:乗車場所から県民体育館までの距離区分に応じた一律の料金
5.申込用法
  申込用紙に必要事項を記入し、FAX/メール/郵送/持参にてお申込みください。

 第3回パラスポーツ公認研修会が終了しました!

-パラスポーツを通じて、生活の質を上げる!-

 12月14日(土)鳥取県民体育館 第3研修室にて、第3回パラスポーツ公認研修会が開催されました。
 今回はスマイル訪問看護ステーションの理学療法士 直井寿徳先生にお越しいただき、【パラスポーツを通じて、生活の質を上げる!】と題した研修会を行っていただきました。
 直井先生は理学療法士として訪問リハビリテーションを行いながら、パラ水泳やパラアーティスティックスイミングなど様々なパラスポーツを通じて、障がい児・者の「医療」から「余暇」への移行に向けてご尽力をされています。
本研修会では、いくつかの実例をもとに、「障がい者がスポーツをする意義」や「どんなスポーツが向いているか」、「どのように勧めるか」などなど、具体的にご講義いただきました。
 また、後半では簡単に取り入れることができるスポーツとして、新聞紙や広告を使った「新聞紙ボッチャ」を実技としてご紹介していただきました。
 27名の受講生の方にお越しいただき、寒い冬を吹き飛ばすような熱い講義が展開されました。受講生の皆さん、講師の直井先生、ありがとうございました。
 
 障がい者スポーツ協会では引き続き、様々な研修会を通して障がいのある人のスポーツを支える人材ネットワーク「パラスポーツFUNネット」へ登録してくださる方を募集しています。詳しくはパラスポーツFUNネットのHPをご覧ください。
パラスポーツFUNネットHP▷ http://funnet.ts-sawayala.jp

 第9回布勢障がい者スポーツ教室が終了しました!

14名の方が“ゆるスポーツ”を体験!

 12月14日(土)14:00- 県民体育館のサブアリーナにて、布勢障がい者スポーツ教室が開催されました。
 今回は鳥取県介護福祉士会様から講師の先生方をお招きし、「ゆるスポーツ大会」を実施致しました。
 みなさんは、ゆるスポーツをご存知ですか?ゆるスポーツとは、運動が苦手な人や障がいがある人もない人も一緒に楽しめるように考案されたスポーツで、老若男女すべての人が参加することができます。この教室では、「つえーしんぐ」と「ポートカーニバル」の2つの競技を体験しました。
 2つのスポーツは参加された皆さんが初めてでしたが、講師の先生の説明を基に、みんなで楽しい時間を過ごすことができました。
 特に「ポートカーニバル」では、鳥取県名産の「蟹」をつかったポートボールで、全員が蟹の帽子と手袋をしながらボールを回し、白熱したチーム戦が繰り広げられました。
 参加された皆さん、講師の先生方、ありがとうございました。

 障がい者スポーツ協会では、1月からも引き続き布勢総合運動公園を活用したスポーツ教室を実施していく予定です。また、UDタクシーを利用した移動支援も併せて行っておりますので、移動手段がない方でも参加が可能となっております。1月~3月は「ダンス」を取り入れた教室となっております。皆様ふるってのご参加をお待ちしております!

トップページ 協会概要 大会情報 スポーツ教室 加盟団体紹介 お問合せ リンクページ サイトマップ