耳の日スポーツフェスタを開催しました!

3月3日(土)鳥取市立東郷小学校にて「耳の日スポーツフェスタ」を開催しました。
スポーツやイベント等の取り組みを通じて、障がいの有無に関わらず、
笑顔と笑顔、人と人を「むすび」、「平和でHappy」な世の中に変えていく
“笑顔おむすびプロジェクト”のもと、第1弾の今回は、3月3日「耳の日」にちなみ、
デフ(聴覚障がい)アスリートによる講演やデモンストレーション、ニュースポーツ
体験を実施しました。
第1部は、陸上デフアスリートの前島浩二選手、中村開知選手による講演を行いました。
耳の聞こえない・聞こえにくい選手がどのように競技をしているかや、国際大会の様子
など、写真を使った説明のあと、校庭でデモンストレーションをしていただき、参加者
と一緒に投てきや50m走で触れ合いました。
第2部はニュースポーツ体験として、ふうせんバレーボール、ワンバウンドふらばーる
バレーボールを行いました。障がいの有無に関わらず皆さんがグループに分かれ、それ
ぞれの競技で交流を深めました。
昼食休憩には、おにぎりと豚汁の配布やフライングディスク・手話講座のブースも開き、
地域の小学生や保護者、一般の方など約100名が参加され、大変賑やかなイベントと
なりました。

参加者、関係者の皆さん、大変お疲れ様でした。




 

 理学療法士向け研修会を開催しました

2月25日(日)鳥取ワシントンホテルプラザにて、障がい者スポーツ普及・選手発掘
に向けた理学療法士向け研修会を開催しました。
今年度は、7月に第23回夏季デフリンピックが開催されたことから、デフ(聴覚障がい)
アスリートにスポットをあて、第23回夏季デフリンピックにて十種競技4位・走高跳
5位に入賞された前島博之氏、元日本聴覚障害者陸上競技協会トレーナーの大塚健吾氏
の2名を講師に招き、
「聴覚障害者の立場から~理学療法士にもとめるもの~」
「トレーナー活動をとおして~聴覚障害者の選手との関わり~」
のテーマで講演をしていただきました。
後半には、簡単なゲームによる聴覚障害者の世界の体験や、手話講座(入門編)も行われ、
参加者の皆さんは、自分の名前や生活で使える手話表現を学びました。
この研修会が、障がい者スポーツ選手の発掘および選手育成につながるきっかけになる
ことが期待されます。


 一般社団法人鳥取県障がい者スポーツ協会職員採用試験結果について

3月4日(日)に実施した職員採用試験の結果を発表します。

 

【合格者】受験番号1

 耳の日スポーツフェスタ開催のお知らせ

3月3日(土)鳥取市立東郷小学校にて、
笑顔おむすびプロジェクト第1弾・耳の日スポーツフェスタを開催します。
3月3日(耳の日)にちなみ、第1部はデフ(聴覚障がい)アスリートによる講演と
デモンストレーション、第2部はニュースポーツ体験を行います!

当日参加も可能です。
内容に興味のある方、申込・お問合せは、(一社)鳥取県障がい者スポーツ協会まで
ご連絡ください。

 【応募は終了】鳥取県障がい者スポーツ協会職員採用試験の実施

鳥取県障がい者スポーツ協会では、次のとおり職員を募集しています。
応募の締め切りは、2月26日(月)です。

1 受付期間・試験日時・試験会場・合格者発表日
(1)受付期間
平成30年2月8日(木)~平成30年2月26日(月)
(2)試験日時
平成30年3月4日(日)開場時刻 午後1時 試験開始時刻 午後1時30分
(3)試験会場
鳥取県立福祉人材研修センター(鳥取市伏野1729-5)
(4)合格者発表日
平成30年3月7日(水)(予定)
2 募集職種・採用予定者数・職務内容・勤務場所
(1)職種  障がい者スポーツプロデューサー
(2)採用予定者数 1名
(3)職務内容  地域における障がい者スポーツに関する指導者の育成(年間100名程度)・支援及び障がい者スポーツの普及・振興のための施策の企画立案及び実施
(4)勤務場所  鳥取市内
3 受験資格
障がい特性を理解するとともに、障がい者スポーツに関する人材育成の経験を有し、次のいずれかの資格を有することが必要です。
(1)公益財団法人日本障がい者スポーツ協会公認障がい者スポーツ指導者(ただし、スポーツ指導員は初級を除く)の資格を有すること。
(2)公益財団法人日本体育協会公認スポーツ指導者(ただし、スポーツリーダーを除く)の資格を有すること。

4 試験内容
応募者の中から書類選考を行い、一次選考合格者に対して次の試験を行います。
(1)専門試験
小論文・・・1問、1時間
障がい者スポーツプロデューサーとして必要な知識を確認するための筆記試験
(2)面接試験
個別面接による人物についての口述試験
5 勤務条件(予定)
(1)雇用形態 正職員
(2)給与
ア 給料
協会給与規程に基づき支給します。一定の職歴等がある人はその経歴に応じて所定の金額が加算されます。(例:役付職員として採用された場合 23万円相当)
イ 賞与
年2回(6月、12月)
ウ 手当
役職手当(2万円程度)、通勤手当、扶養手当、住居手当、時間外勤務手当を協会給与規程に基づき支給します。
エ 福利
健康保険、厚生年金保険、雇用保険、労災保険、中小企業退職金共済
オ 休暇
年次有給休暇 勤務期間に応じた年次有給休暇(最大1年間に20日)が付与されます。
特別休暇等 公民権の行使、忌引、産前・産後(各8週)などの特別休暇等があります。
カ 休日及び勤務時間 毎週土曜日・日曜日、国民の祝日・休日及び年末年始(12月29日~1月3日)
ただし、業務の都合により休日に勤務を命じることがあります。
キ 勤務時間 8時30分~17時15分 休憩時間 12時~13時
6 受験申込手続
(1)提出書類
ア 採用試験申込書 1部
イ 履歴書(JIS規格)1部
ウ 職務経歴書(様式自由) 1部
エ 資格を証明できる書面の写し 1部
(2)申込み先
一般社団法人鳥取県障がい者スポーツ協会
〒680-8570 鳥取市東町1丁目220番地(議会棟別館1階)
電話(0857)50-1071 URL http://ts-sawayaka.jp
(3)書類選考
応募者の中から書類選考を行い、その結果を平成30年3月1日(木)までに通知します。
7 合格者の決定方法
専門試験及び面接試験の得点を合計した得点の高い順に決定します。
ただし、それぞれの得点が一定の基準(配点の6割)に満たない場合には、合計得点にかかわらず不合格とします。
8 合格者の発表
受験者全員に文書で通知します。
9 採用時期
平成30年4月1日
10 試験に関する注意事項
(1)試験当日は、試験開始時刻までに必ず試験会場に入室してください。(遅刻者は受験できません。)
(2)受験の際は、受験票、筆記用具を持参してください。
11 個人情報の取扱い
本試験に関して収集した個人情報については、本試験の選考、合格決定通知書の発送及び採用手続き以外には利用しません。

募集案内(pdf:165KB)

採用試験申込書(pdf:80KB)

採用試験申込書(doc:17KB)

試験会場案内図(pdf:95KB)

 

トップページ 協会概要 大会情報 スポーツ教室 加盟団体紹介 お問合せ リンクページ サイトマップ