2019鳥取県・江原道障がい者スポーツ国際交流事業

○11月21日(木)-江原道交流団 関西国際空港から入国、鳥取県へ移動 今後の事業についての協議

○11月22日(金)-地元施設見学(砂の美術館、鳥取砂丘、渡辺美術館) 江原道選手団前日練習 歓迎交流レセプション

○11月23日(土)-バスケットボール交流試合(結果は鳥取県24-39江原道) 合同練習会(鳥取県の選手と江原道の選手を混成したチームを2つ作り、練習試合を実施)

○11月24日(日)-江原道交流団 鳥取県から関西国際空港へ移動、帰国

以上のスケジュールで、通算7回目の交流事業を行いました。全体的に温かい雰囲気の中で交流が出来たこと、両国の選手・役員共に積極的な相互のコミュニケーションを取っていたことが印象的でした。                                  交流試合前に行った開会式では、両地域選手団長がそれぞれ 「スポーツは人類共通の文化。多くの人々を感動させ熱い声援を生み、両地域の絆を強くする」(福留史朗鳥取県選手団長)、 「厳しい状況下こそ民間交流は拡大していくべき。交流の継続が国同士の関係改善にもつながる」 (金冑龍(キム・ジュヨン)江原道選手団長)と挨拶を述べ、今後も鳥取県と江原道が障がい者スポーツを通じて、理解を深め合うことを力強く示した内容でした。                                                  江原道の皆さんにとって、今回の交流事業が思い出に残っていただければ幸いです。そして、今回の事業に携わっていただいた鳥取県の関係者の皆様に厚く御礼申し上げます。

 あいサポートスポーツフェスティバル2019 終了しました!

11月9日(土)、あいサポートスポーツフェスティバル2019が、境港市民体育館にて開催されました。
初めての境港市での開催でしたが、スタッフ・役員合わせ約520名の方にお越しいただき、色々なスポーツに触れ、楽しんでいただきました。

第1部のパラリンピアンのトークショーでは、冬季パラリンピック アルペンスキー金メダリストの大日方邦子(おびなた くにこ)氏にお越しいただき、パラリンピックについての魅力についてお話しいただきました。

第2部はスポーツ交流!15種目のスポーツ体験ブースを設置し、訪れた参加者の方は興味のあるスポーツを思い思いに楽しんでいただきました。
今回は境港市様主催の『第39回いきいき浜っこ祭』もお隣の第二体育館で開催!本当に多くの方に、障がい者スポーツを知っていただく良い機会になりました。

参加された皆様、スタッフ・役員の皆様、会場をお貸しいただいた境港市民体育館の皆様、境港市の皆様のおかげで、けが人もなく盛大に開催することができました。ありがとうございました!

 第19回全国障害者スポーツ大会オープン競技卓球バレー全国交流大会結果報告

 令和元年10月12日(土)から開幕する第19回全国障害者スポーツ大会「いきいき茨城ゆめ国体2019」に先駆けて10月6日(日)にオープン競技として卓球バレー大会が開催されました。
 残念ながら台風のため第19回全国障害者スポーツ大会「いきいき茨城ゆめ国体2019」は中止になりましたが、卓球バレー大会は無事開催され、陸上競技に次いで2番目に多い423名の参加申込がありました。
 今大会は「チャレンジ」「いばラッキー」「体験」の3クラスに分かれ、鳥取県チームは競技が中心となる「チャレンジ」クラスに参戦しました。

 午前中のリーグ戦では1勝1敗で同一2位でしたが、得失点差で3位となり、上位2位までがベスト8に進めるため、午後からは交流戦の参加となりました。

<試合結果>
 午前
  ・1回戦 対 「れっつ・ごー!茨城」 0-2 
  ・2回戦 対 和歌山県「みのり」   2-0 
 午後(交流戦)
  ・3回戦 対 「伊奈特別支援学校」 2-0 

結果は惜しくもリーグ戦での上位を逃しましたが、今後の活躍が期待されます。

 第3回パラスポーツFUNネット公認講習会を開催します!

パラスポーツFUNネット公認講習会
‐障がい者スポーツを通じて生活の質を上げる!‐
12月14日開催!!!

 スポーツに触れるきっかけづくり、障がいのある方のスポーツのサポート人材の普及を目的とする講習会を開催致します。今回は重症心身障がい児者のスポーツの導入の仕方、特にパラ水泳やパラアーティスティックスイミングについての研修を行います。ご興味のある方はぜひご参加ください!

期間■2019年12月14日(土)10:00‐12:30
会場■コカ・コーラボトラーズジャパンスポーツパーク 県民体育館第3研修室(鳥取市布勢146-1)
参加料■無料
対象■障がい者スポーツに興味のある方
申込■申込用紙に記入の上、FAX/メール/郵送にてお申込み下さい。またGoogleフォームにて申込みください。
 URL: https://forms.gle/z9QZDzezBQQr1RaQ8

 当協会加盟団体「白うさぎB&G」の活動報告

正しいガイドやケアの仕方の研修を開催しました

 10月5日(土)に行われた研修について、主催団体の「白うさぎB&G」より活動報告がありましたので、掲載します。
(以下「白うさぎB&G」からの報告です)

 毎月土曜日に白うさぎB&Gが県下で活動している一環として、正しいガイドやケアの仕方の研修を開催しました。
 今回の研修は、10月5日(土)の9:00から、一般社団法人鳥取県障がい者スポーツ協会の福留史朗会長、ブラインド(視覚に障がいがあるランナーのこと:日本ブラインドマラソン協会ホームページ参照)の理学療法士谷口慎二さんをお招きして、伴歩・伴走(ばんぽ・ばんそう)についてのマナーや正しいケアについて指導していただきました。
 当日は22名(ブラインド7名、ガイド15名)が夢広場カフェイッポ前の駐車場で受講し、初めに福留会長から「正しいガイドの仕方や心構え」について、実技を通して、具体的かつ分かりやすく講義していただき、実技として1時間ほど伴歩・伴走をしました。
 その後、谷口さんからは筋繊維の特性を踏まえながら「準備運動、整理運動、けが・故障の予防」について学び、研修を受ける中で新たな気づきや発見がたくさんありました。
 そして昼食を通じて交流をし、会員の皆さんからは「また、このような機会を作ってほしい」との声が多数寄せられたので、白うさぎB&Gの活動の中で、次回の研修会の開催を考えていきたいと思っています。
 白うさぎB&Gは、これからもブラインドやガイドの皆さんが安全で楽しく活動していくために、皆様の意見に耳を傾けながら、活動を続けていこうと考えています。

トップページ 協会概要 大会情報 スポーツ教室 加盟団体紹介 お問合せ リンクページ サイトマップ