第9回布勢障がい者スポーツ教室が終了しました!

14名の方が“ゆるスポーツ”を体験!

 12月14日(土)14:00- 県民体育館のサブアリーナにて、布勢障がい者スポーツ教室が開催されました。
 今回は鳥取県介護福祉士会様から講師の先生方をお招きし、「ゆるスポーツ大会」を実施致しました。
 みなさんは、ゆるスポーツをご存知ですか?ゆるスポーツとは、運動が苦手な人や障がいがある人もない人も一緒に楽しめるように考案されたスポーツで、老若男女すべての人が参加することができます。この教室では、「つえーしんぐ」と「ポートカーニバル」の2つの競技を体験しました。
 2つのスポーツは参加された皆さんが初めてでしたが、講師の先生の説明を基に、みんなで楽しい時間を過ごすことができました。
 特に「ポートカーニバル」では、鳥取県名産の「蟹」をつかったポートボールで、全員が蟹の帽子と手袋をしながらボールを回し、白熱したチーム戦が繰り広げられました。
 参加された皆さん、講師の先生方、ありがとうございました。

 障がい者スポーツ協会では、1月からも引き続き布勢総合運動公園を活用したスポーツ教室を実施していく予定です。また、UDタクシーを利用した移動支援も併せて行っておりますので、移動手段がない方でも参加が可能となっております。1月~3月は「ダンス」を取り入れた教室となっております。皆様ふるってのご参加をお待ちしております!

 【募集終了!ありがとうございました】障がい者スポーツ拠点施設の名称を募集します!

 鳥取県障がい者スポーツ協会では、公益財団法人日本財団からの助成を受け、障がいのある方が新しくスポーツを始める・続けるための場、又は障がいのある人とない人が交流する場として、障がい者スポーツ拠点施設を整備しています。
 この拠点の内容や各施設の機能などを広く県民の皆様に知っていただき、障がい者スポーツへの関心と理解を深めていただくため、名称を募集しますので、是非ご応募いただきますようお願い申し上げます。

1.名称を募集する施設 障がい者スポーツ拠点施設(鳥取市布勢146-1)
2.応募方法
  【応募資格】どなたでもご応募いただけます。※ただし、おひとり様2点までとします。
  【応募期間】2019年12月16日(月)~2020年1月31日(金)
  【応募方法】名称、命名の理由、応募者の氏名等必要事項を明記の上、郵送、FAX、電子メール又は持参により応募してください。
  【問合せ・応募先】一般社団法人 鳥取県障がい者スポーツ協会
  〒680-8570 鳥取市東町1丁目220番地
  TEL/0857-50-1071   FAX/0857-50-1074
  メールアドレス/torikensyospo@ts-sawayaka.jp
3.賞
  【最優秀賞】1点 鳥取県の特産品3万円分
  【優秀賞】2点 鳥取県の特産品1万円分
4.結果発表
  審査結果は鳥取県障がい者スポーツ協会ホームページなどで発表します。
  なお、受賞作品が重複した場合は抽選によって受賞者を決定します。

 第11回障がい者卓球大会が開催されました

 12月8日(日)鳥取県立障害者体育センターにて、第11回障がい者卓球大会が開催されました。 当日は32人の参加者があり、白熱した熱戦が繰り広げられました。

大会結果は以下のとおりです。(画像をクリックすると競技結果がダウンロードできます。)

予選リーグ(1部)
予選リーグ(2部)
予選リーグ(女子の部)
決勝トーナメント(1部)
決勝トーナメント(女子の部)
決勝トーナメント(2部)

 2019鳥取県・江原道障がい者スポーツ国際交流事業

○11月21日(木)-江原道交流団 関西国際空港から入国、鳥取県へ移動 今後の事業についての協議

○11月22日(金)-地元施設見学(砂の美術館、鳥取砂丘、渡辺美術館) 江原道選手団前日練習 歓迎交流レセプション

○11月23日(土)-バスケットボール交流試合(結果は鳥取県24-39江原道) 合同練習会(鳥取県の選手と江原道の選手を混成したチームを2つ作り、練習試合を実施)

○11月24日(日)-江原道交流団 鳥取県から関西国際空港へ移動、帰国

以上のスケジュールで、通算7回目の交流事業を行いました。全体的に温かい雰囲気の中で交流が出来たこと、両国の選手・役員共に積極的な相互のコミュニケーションを取っていたことが印象的でした。                                  交流試合前に行った開会式では、両地域選手団長がそれぞれ 「スポーツは人類共通の文化。多くの人々を感動させ熱い声援を生み、両地域の絆を強くする」(福留史朗鳥取県選手団長)、 「厳しい状況下こそ民間交流は拡大していくべき。交流の継続が国同士の関係改善にもつながる」 (金冑龍(キム・ジュヨン)江原道選手団長)と挨拶を述べ、今後も鳥取県と江原道が障がい者スポーツを通じて、理解を深め合うことを力強く示した内容でした。                                                  江原道の皆さんにとって、今回の交流事業が思い出に残っていただければ幸いです。そして、今回の事業に携わっていただいた鳥取県の関係者の皆様に厚く御礼申し上げます。

 あいサポートスポーツフェスティバル2019 終了しました!

11月9日(土)、あいサポートスポーツフェスティバル2019が、境港市民体育館にて開催されました。
初めての境港市での開催でしたが、スタッフ・役員合わせ約520名の方にお越しいただき、色々なスポーツに触れ、楽しんでいただきました。

第1部のパラリンピアンのトークショーでは、冬季パラリンピック アルペンスキー金メダリストの大日方邦子(おびなた くにこ)氏にお越しいただき、パラリンピックについての魅力についてお話しいただきました。

第2部はスポーツ交流!15種目のスポーツ体験ブースを設置し、訪れた参加者の方は興味のあるスポーツを思い思いに楽しんでいただきました。
今回は境港市様主催の『第39回いきいき浜っこ祭』もお隣の第二体育館で開催!本当に多くの方に、障がい者スポーツを知っていただく良い機会になりました。

参加された皆様、スタッフ・役員の皆様、会場をお貸しいただいた境港市民体育館の皆様、境港市の皆様のおかげで、けが人もなく盛大に開催することができました。ありがとうございました!

トップページ 協会概要 大会情報 スポーツ教室 加盟団体紹介 お問合せ リンクページ サイトマップ